株式会社三明エンジニアリング

entry

interview

インタビュー

プロフェッショナル人材を育て、社会に必要とされる人材を育成することが会社の経営方針です。
interview社員を知る
自分が本当に持っている可能性に気づきます。
以外に自分を小さく見ている人が多い世の中ですが、実は人間には目に見えない可能性がたくさん詰まっています。その引き出しを引き大成長した先輩を紹介します。
営業
鈴木 隆弘2002年入社
takahiro suzuki
2002年機械・電子関係の専門学校を卒業して三明エンジニアリングに入社。
入社の動機は現場に出る仕事と聞き、自分の性格からパソコンに向かって仕事をするより現場で仕事をしたいと思った。
計装設備の設計
青山 洋二2004年入社
yoji aoyama
電気・電子関係の専門学校から大学へ編入して、その後中退。フリーターをしていた時に、三明エンジニアリングに勤めている学生時代の友人から「自分が作ったものが世の中に残る仕事」と聞いて入社を決意しました。
電気設備機器の取り付け・調整
林 良一1996年入社
ryoichi hayashi
情報処理関係の専門学校卒業。学校関連業種のシステム開発の仕事を探していましたが、子供の頃からモノづくりの仕事がしたいと思っていた為、三明エンジニアリングへ入社。