株式会社三明エンジニアリング

entry

interview

インタビュー

自分が作ったものが世の中に残る仕事です。
計装設備の設計
青山 洋二2004年 中途入社
yoji aoyama
電気・電子関係の専門学校から大学へ編入して、その後中退。フリーターをしていた時に、三明エンジニアリングに勤めている学生時代の友人から「自分が作ったものが世の中に残る仕事」と聞いて入社を決意しました。
仕事内容を教えてください。
電気設備と機械設備その他の設備の間が動くように、両者をつないだ制御盤を間違いなく稼働させる仕事です。現在行っている設計業務を具体的に言うと、何十年も前に使っていたコントローラーから、新しいコントローラーに移設する仕事をしています。古い機器で使われていたソフトは、新しいソフトと全く違うため、その両者が連動するように変換、改良するのが仕事です。そのソフトを当社で設計し、現地へ出張して調整しています。
仕事のやりがいは何ですか。
三明エンジニアリングの強みの一つである。「NO」と言わないことで、色々な経験をしました。その一つ一つの経験の結果が自分の能力を高めることになり、お客様から大変重宝がられ、喜んで頂いていることがやりがいです。また、一つ一つの現場作業が終了したときは毎回やりがいを感じます。
応募者にメッセージを下さい。
「自分が作ったものが世の中に残る仕事」そんな経験をたくさんして欲しい。日々仕事のやりがいを感じます。また、最初は間違いなくわからないことばかりです。わからないのが当たり前ですので、わからないことがわかるようになるまで順番に覚えてください。自分ができないのではなく、ただ単に知らないだけです。安心して応募してください。

その他のインタビューを読む